40代のガウチョパンツは、ボリュームがあり過ぎない方がいい

40代のガウチョパンツは、ボリュームがあり過ぎない方がキレイ見えします。ワイドパンツやガウチョなどのボリュームボトムは、ほどよくゆるやかに、足首を見せて履くことで女らしさとスタイルアップが叶います。

 

スカート感覚ではける、ボリューミーなシルエットが人気のガウチョパンツが、この春はシャープなデザインになり、「セミガウチョ」としてバリエーションを広げています。

 

セミガウチョは、従来のものより横のボリュームがおさえられたデザインで、気になるヒップや脚のラインをカバーします。ノータックですっきりして、きれなIラインで全体を細く見せてくれます。

 

アウターを脱ぐことが多くなるこれからの季節は、これまで以上に素材選びも重要になります。トップスインで着る時には特に、腰回りがゴワゴワして太って見えないように、薄手よりもほどよく肉厚な生地を選ぶようにします。

 

今まではボトムス重めにしていた着こなしも、この春からはトップスの色や柄、小物で重心を上にあげるバランスで着こなします。カーディガンを肩がけにして、上半身にポイントをもたせるのもいいですね。

 

美脚パンツで有名なTheory(セオリー)からは、黒のストレート型に近いのに楽にはけて、スタイルアップするガウチョが登場してます。伸縮性の高いストレッチ素材で足さばきがラクにでき、やや厚みのある素材が体のラインをひろわず、下着のラインも響きにくくしています。わたり幅が広すぎない分、横から見てもIラインをキープしてスタイルアップできます。

 

ストレッチ素材でありながら、上質なシルクブラウスにも似合うので、オフィスやあらたまったシーンにも活躍します。